あまり耳慣れない病名だと思いますが、変形性膝関節症に悩む方が増えています。では、この変形性膝関節症とは、どんな病気なのでしょう?変形性膝関節症は、関節軟骨の変形や摩耗によって、軟骨や骨の再生が正常に行われず、関節の軟骨がすり減ったままで再生出来なかったり、変形して再生してしまったりするために痛みを生じてしまうという病気です。関節は軟骨で覆われているため、軟骨がクッション材となり、様々な衝撃を和らげてくれています。しかし、このクッション材である軟骨がすり減ってしまうと、ちょっとした衝撃でも痛みを感じるようになってしまいます。本来であれば、すり減った軟骨は、ある程度自然に再生されるものです。でも、栄養不足や老化に伴う筋力不足や運動不足。または、肥満などで過度に膝に負担がかかったような状態が長年続いたことによる軟骨の磨り減りなどが原因で起こります。女性ホルモンの関係から、骨粗鬆症が多い女性の方に多い病気です。それに、加齢に伴い症状が出るケースも多いため、高齢者に多く見られる病気なのです。さらに、肥満体型の方や、長年激しいスポーツを行なってきた方などにも多く見られます。一度発症してしまうと完治は難しく、症状を多少改善させたり、進行を遅らせたりということになりますから、出来るだけ症状が出る前から気を付けたい病気の一つです。自覚症状としては、膝の痛み、膝の屈伸に支障が出る、関節が太くなる、O脚になるなどがありますー